自分の中の欠点を探してしまう思考癖のあなたへ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月24日

  1. 失敗した時に落ち込み、足を取られて歩けなくなる人は、起こった招きたくない結果そのものに
苦しみながら、更に自分の中の欠点を見つけて自分自身が、至らないからに違いないと信じ込んでしまう傾向があるようです。
 
それは、知らず知らずに
自分の中の劣等感が反応しているだけで
事実は、どうかわからないのに
そこに気付く余裕も無くなるくらい
自己嫌悪や自己卑下で心を満たしてしまうから。
 
 
例えば、部下に一言注意をした後、休み時間にその部下が泣いているのを目撃したとします。
その場合、自己肯定感が低いと「自分の言い方が悪くて泣かしてしまった。」と、一瞬で信じ込んでしまいます。
 
ところが、事実は確認しなければ分かりません。もしかしたら、ペットが亡くなった知らせが入ったのかもしれないし、彼氏とLINEで喧嘩になったのかもしれません。
 
まず、一体何故泣いているのかを本人に確認して
その答えによって、そこから次に繋げていきます。
 
もしも、自分の言い方が悪くて「傷ついた」事が明らかになったのなら、そこで自分を責めない事が賢明です。
自分を責めても、誰1人得はしないし事態は発展しないからです。
 
謝るところは謝り、誤解のところは説明し、和解に向かうように力を注ぎます。
仕事のミスも同じです。状況確認してから手段を選択し、行動を起こし発展させていきます。
 
失敗した時、自分の中で自分の欠点を探しに行かない事です。失敗に見える事は、他に原因があるかもしれないしまずは、分からないからです。
 
自分の中で欠点に辿り着くと、ネガティヴシーズンが到来してしまいます。力が奪われる思考に展開される可能性大です。一度落ちると上がるまで大変ですよね。
 
これから梅雨の時期に入りますから、自分を責めがちな思考の方々がどうか、ネガティヴシーズンをご自身で招かない事を 埼玉の空の下、祈っています。
 
それでも、1人では自信が無い方、
今、モヤモヤを抱えている方、気晴らしに、
興味本位で、などなど参加をお待ちしています。
夫婦、将来、仕事、コミュニケーション、恋愛などなど、まずは吐き出して、梅雨前にリセットしておきましょう。
 
 
新越谷駅徒歩1分、bemyself555↑カウンセリングルームで、フリートーク座談会をお一人様ワンコインで行います。
 
●5月29日13時〜14時30分 
●参加費用 500円
 

申し込み、お問い合わせは、ホームページ内からの「お問い合わせ」から。お電話の方は、08050993456 新井まで。