真実の愛のあるSEXを知る女は、なかなかいない。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月1日

今日は、筋トレ会員様のキャリアカウンセリング後、コンサルタントになったある方に、お会いしました。

彼とは近頃、お会いする機会が増えて、様々な話をさせて頂いていますが、数年前より何倍も今の方がナチュラルな笑顔で、愛にあふれています。

それが伝わってくるのです。

私も自分を振り返りながらお互いに今までは、力が入っていたんだねと語らいました。

「先生、楽しそうだね。良かった!今後も楽しんで下さいよ。」と、言って頂き、頑なに生きる話をゴルフに例え伝えて下さいました。

「ゴルフも同じ。力いっぱい振るより、力を抜いて自然に振った方がちゃんと飛ぶでしょう。あれと同じ。」

私は、心から頷きました。

それから話が脇道にそれた時に、話の流れでこんな話になりました。

「僕がある女性経営者に教わった事があるんです。愛のあるSEXとそうでないSEXは、全く違うもの。だけどね、女で愛のあるSEXを本当に知ってる人は、なかなかいない。真実の愛のあるSEXをした時、愛に満ちて涙が自然と出てくる。泣いちゃうの。男には、わからないだろうなって言われたんですが、残念ながら男の僕には分からない感覚です。ただ男は、その姿を見ると嬉しくて高まるんですよね。」と。

「お?経験あるんだ。真実の愛のSEX。」と、突っ込むと頷きながらも、はにかまれて笑ってごまかされましたが、子供を作る目的だけでは無い愛のチャージ。

この領域に達したカップルは、どれだけ大きな愛を受け取り合っているのでしょう。根底には、まず委ね合える信頼感が無いと、ここまで無防備に開放的にはなれません。

恋愛は、時にエゴで獲得ゲーム化したり、自信が無くて駆け引きゲーム化したりしがちです。心が依存的に傾いたり、不信感が爪の先ほどでもある場合、なかなか腹を見せられないもの。不器用なまま不安が暴走して自爆しちゃったり、ありますよね。

 

不器用というより、自己肯定感が低いと、そのようになりがちになります。

 

相手の「そのまま」を真っ直ぐに伝え合えて受け取り合える関係性の上で、安心して腹を見せ合えるからこそ、元々シンプルな愛もチャージし合えるのでは無いかと感じています。

そこに行くには、まずは自分自身の足で一人きりでも立っていられるように、自信を重ねるための行動を起こす事が先決。失敗を恐れるうちは、ただの経験不足かもしれません。

自立した自分になって、初めて自立した相手の視野に入り、自立した自分だから、自立した相手が見えて出逢えるものだと理解しています。

自立した者同士だからこそ、きっと涙が出るほど豊かな愛のチャージが可能になるのだろうと感慨深く会話をしながら思い巡らせていました。

その女性経営者の言う通り、愛のあるSEXを知っている女性がなかなかいないのだとしたなら、それだけ心が自立出来ている人が、この世に少ないのだろうとも感じました。

今、パートナーや恋人を求めるなら内面、外面を磨き、より良い出逢いを自らの成長と共に手繰り寄せて頂きたいと思います。